万能カーペット厳選集~!

カーペットは様々な方に喜ばれます!!

用途別で選ぶじゅうたん

without comments

じゅうたんを踏みしめたときのその柔らかな感触は、私たちを心地よいものにし、贅沢な生活に変えてくれます。フローリングだけの部屋へじゅうたんを敷けば、部屋の雰囲気は一変し、おしゃれな雰囲気を味わえます。そんなじゅうたんですが、ご存知のとおり様々な色、形、機能のものがあり、いざ選ぶとなるととても困ってしまいます。じゅうたんを選ばれたことがある方は分かるとは思いますが、色や素材、織り方はとても多岐にわたり、イメージしていたにもかかわらず購入の際には迷ってしまうかもしれません。まずは色についてです。部屋の下部をダークな色にして、上部へいくにしたがい明るい色へ変わっていくようコーディネートにすると、開放的な部屋となります。逆に、下部を明るくし、上部を暗くしてしまうと重々しい雰囲気となってしまいます。リビングへ敷く場合、特に家具の下へ敷く場合は、家具の重さでへたってしまうようなものは避けてください。


家族みんなが集う団欒の場所ですので、居心地がよい、ソフトな肌触りのものを選んだほうが無難です。また、毛足の長いものにすると豪華な感じになりますが、厚みで扉の開閉の邪魔になるかどうかを、あらかじめ確認しておいてください。多くの人が集まる部屋なので、防臭加工や防ダニ加工されたものなどを敷くと清潔に保てます。ダイニングへ敷く場合は、食べ物や飲み物をこぼしやすく、汚れる状況が多いと思いますので、お手入れの方法が簡単なものや、汚れが目立たない色がよいでしょう。撥水加工が施されたものを選ぶのもおすすめです。また、柄が中心部にあるものより、全体的に散らばっているものを選んでください。子供部屋は、お子様の成長に合わせて選ぶとよいでしょう。幼少期には、カラフルでポップなもの、男の子ならグリーン系やブルー系、女の子ならピンク系のものを選ぶとかわいくなります。やはりお子様は、食べ物をこぼしたり汚すことが多くなりますので、汚れが目立たない柄のものを選ぶとよいでしょう。また、抗アレルゲン加工や防ダニ加工をしたものを敷いてあげると、アレルギーがあるお子様も安心です。学齢に達すると、勉強に集中できるように、なるべく落ち着いた色合いのものに交換することをおすすめします。


寝室では、ブルー系のものを選ぶと精神が安定し、高い睡眠効果が得られるといわれています。人の出入りも少なく、そこで眠る人だけが使う部屋となりますので、ご自分が落ち着く風合いのものを選ぶとリラックスできます。用途に合ったじゅうたんを選んで、素敵な部屋にしあげてください。

Written by admin

2月 1st, 2013 at 3:03 am

Posted in