万能カーペット厳選集~!

カーペットは様々な方に喜ばれます!!

じゅうたんにはえたカビ対策

without comments

湿気が多い時期になると怖いのがカビです。少しくらいならとってしまえばどうってこともないかもしれないけれど、カビの種類によっては怖い病気にかかってしまうことがあります。知らず知らずの内に吸い込んでしまっていて肺の病気や呼吸器系の疾患になってしまったという話もよく聞きます。カビがはえやすいのは家の中でも寝具やじゅうたん、カーペット、またお風呂場や洗面所、浴室と脱衣所の間のドアの木枠などです。また鳥などのペットを飼っている場合はこまめにフンの始末をしていなくて、フンにはえてしまうということもあります。カビは高温多湿を好みます。同じ条件でダニも増えやすいのです。ですから、かびの対策をすることはダニの増加や発生も防ぐことになります。特にじゅうたんやカーペットは人がくつろぐ場所に敷いてあることがほとんどで、歩くことで見えないかびが空中に舞ってしまっている可能性があります。


ですから、じゅうたんは特に念入りにかびのチェックをしたほうが良いです。たたみの上にじゅうたんを敷いてる場合は要チェックです。表にはなくても裏側にはえていることがあるからです。もしかびがついていたらとにかくかび取り用の薬剤でふき取ってしまうことが大事です。そのあとは消毒用のアルコールで拭きます。こうすることで殺菌も消毒もできます。もし畳の上に敷いてある場合は畳にもかびがついてしまってることが考えられるので、畳もかび取り用の薬剤と消毒アルコールで除去するのがベストです。乾いた布やそうじ機を使うことはしないほうがよいです。かびの胞子が空中に飛んで巻き散らしてしまうだけだからです。畳のかびをとる時はペーパータオルを使うとやりやすいです。もしどうしても気になるようでしたら、クリーニングに出してしまうという手もあります。よほどひどいかびでなければきれいになって戻ってきますし、防かびの処理もしてもらうことも可能です。私の部屋がまさに畳の和室で畳の上に大きめのカーペットを敷いています。持病の喘息があるため、常に空気清浄機をまわしてますが、湿気のある梅雨時期はとても困りました。常に人の出入りはある部屋なのに畳が湿気のせいでよれてしまったのです。


これではかびがはえてしまうのも時間の問題です。畳屋さんに相談すると、畳の下に湿気を防ぐシートを敷いてはどうかとアドバイスされました。和室の場所が1階にある場合、床下からの湿気が原因でかびてしまうことがよくあるので、これは効果的だということでした。おかげさまで今は湿気も以前より少なくなり、まめに掃除をして空気の通りをよくすることでかびの防止をしています。気持ちよく生活するためにちょっとした工夫をすることはおすすめです。

Written by admin

2月 1st, 2013 at 2:20 am

Posted in